京つう

  スポーツ  |  京都府北部

新規登録ログインヘルプ



2016年11月21日

「ドラマチックな神戸マラソン」♪

神戸マラソンは、残念ながら今年は落選しましたが、
いつも応援をしてくださっている、大好きなお友達方が走られるので、
私も、応援にいきました。

その応援に行った一日があまりにもドラマチックでしたので、
ご興味はないとおもいますが(笑)
ご笑読ください♪

始発のバスに乗るために、真っ暗の中、バス停にいくと、ご婦人2名が
待ってらっしゃいました。まぁ~早起きだわと思いながら、時刻表を見ににいくと、
時刻表の横にいらっしゃったご婦人が、「順番、順番、だめだめ、後ろ、後ろ~」と。
え?? その思いがけない言葉に「すみません、時刻表を見に来ただけすよ」と。

早朝なので、特に順番も気にならないはずなのに、どうしてそんなことをおっしゃるのか??
そして、バスが到着、もちろんバスは、3人しか乗らず(笑) 蜘蛛の子を散らすように
座る3人(笑) 「3人だけやんか」と心の中で突っ込む私。
なんだか、この状況があまりにもおかしすぎました(笑)

でも、なんかとっても嫌な気分になりました。


しかし、これも私の学びの場なんですね。
私も、人に嫌な気分をさせていないか! 気持ちに余裕がないときは、何気ない言葉を出していないか!と反省ができました。

そして、バスを降りると、もう一人のご婦人と同じになり、先ほどのことについて笑いあえました。

そして、気を取り直し、人間って色んな人がいるな~と思いながら(笑)電車に乗り込みました。


そして、隣に座ってらっしゃったカップル♪ あら、神戸マラソンのパンフレットを見てる!
応援にいくんだ! と思いきや、そのパンフレットからゼッケンが挟まっている!!

思わず、「走られるのですか?」と聞くと、男の子のほうが、「はい!」と。

とっても嬉しくなり、マラソン話に花が咲き、私のプロモーションビデオも見せ、
京都マラソンの、選抜の話とHPをしっかりと伝えました(笑)

「ドラマチックな神戸マラソン」♪


そして、盛り上がっている間に、スタートの駅の三宮の駅に到着♪

そして、電車を降り「頑張ってね」というと、男の子が満面の笑顔で、「頑張ってきます、ありがとございまいた」と
両手を差し出してくれ、ものすごい人ごみの中なのにそんな事をしてくれるカップルに感動しました。
まるで映画のワンシーンのようです。

そして、カップルは人ごみへと消えていきまいした。

バスのおばさんの事もあったので(笑)、なんだか心に染みた映画のようなワンシーンでした。



そして、マラソン友達の応援に私も参加させてもらました♪


まずは、5キロ地点ぐらいで応援!

私は、100円ショップで買った黄色のタンバリンを
エジプト展で買ってきた
「純金の黄金のタンバリン」とうそをつき(笑)

前に購入していた「お猿」の被り物で応援です♪

先頭選手が走り出し、タンバリンを大きく鳴らして、大声でいくら応援しても、誰も振り返ってくれない(笑)


されど、だんだん市民ランナーさんになってくると、なかには、手を振ってくださったり
ハイタッチに来てくださったりが増えてきます。


そして、何人に一人かは、私をみて指をさし、失笑する人達も(笑)


そして、友達ランナーにもあえて、次の32キロ地点へ移動!


地下鉄にその姿で乗り込み(笑) 友達のバニーのカチュウシャ姿と、猿の姿の私たちは、
堂々としたものです(笑)

そこに、大きなカメラを持ったご婦人。

「ドラマチックな神戸マラソン」♪

お友達の写真を撮りにこられたとのことで、ご一緒に応援することになりました。


そして、32キロ地点!

もちろんまだ誰もいない!


お友達は、机を出し、飲み物、食べ物、エアースプレーと準備万端です!


そして、ランナーがきました!


もちろん、先頭のランナーは、私たちを見向きもしません。

しかし! ただ一人、こちらに向かって笑顔で手をあげてくださった!


なんて素敵な方なんだろう!!!!!

一番しんどい32キロ地点、どれだけの人が喜んでくださるだろうか!



そして、市民ランナーが走ってきました。

エアースプレーは、大盛況で、次々と来られます。

「ドラマチックな神戸マラソン」♪


「ドラマチックな神戸マラソン」♪




そこで、私はつらい足に向かって、タンバリンを鳴らし、「楽になりますように!元気になりますように」と叫び応援をしました(笑)

そのうち、「幸せになれるエアースプレーがありますよ」「幸せになれる水ありますよ」と
ちょっと宗教団体みたいだな~と言いながら応援をしていると、
横にいたボランティアのおじ様が、「宗教も人の心をいやすのだから、どんな応援でもいいんだよ、喜ぶよ」と言いにきてくださり、嬉しかった(笑)


そして、お友達ランナーも気づいてくれ、心の底からタンバリンを鳴らし、応援です!

ただ、100円ショップのタンバリンは、手が痛い! 手にまめができそうでした。
できれば、テープに録音して鳴らしたいぐらい、疲労が(笑)





この熱い応援を嫌がるランナー

とっても喜んで「元気もらえたよ!」と笑顔で答えてくださるランナー

目をそらすランナー

無視するランナー


沢山のパターンがあることに驚きます(笑)

特に、感動したのが、ピコ太郎の仮装をされているランナー
めっちゃしんどいであろうに、応援すると、
わざわざ、目の前にまできてリンゴと、ペンをもち ピコ太郎劇場をしてくさる!

なんて、素敵なランナーさんなんだ!!



ここにも学びがありますね。


人は、しんどい時に自分の本性がでる。

しんどい時こそ、笑える人にならねば!!


それは、ランナーでもある私の鏡!

色んなランナーさんは、私の中にある一部!!


そして、仲良くなって一緒に応援していたカメラのご婦人が、
最初は恥ずかしそうにされていたのに、私達につられて、
大きな声で思いっきり応援しだし、ご自身で作成された、牛乳パックの小さな入れ物に、飴をいっぱいいれて
ランナーさんにあげられてました。


そして、しだいにハンカチをだされ、まるで船でのお別れのシーンのように
大きく振って応援をしだし、 とってもとっても可愛かった!!

「ドラマチックな神戸マラソン」♪

そしてまた、その姿を通して、彼女のキラキラとした生き方が垣間見れました。

素敵な方と出会えてよかったと思いました。


そして、応援も終わり、疲れ切って帰りの帰路へ。
そこで、横に座っている子連れの親子と遭遇。
お母さんは子供さんにいらいらと怒っている。わかるよ!私の昔の姿!

そして、そのうち、お母さんが疲れ切ったのか、うとうとと寝はじめ、私の肩に頭が! 重い!(笑)。

本人も、気づいて頭をもどす(笑) されどまた(笑) もう人に謝る余裕もないほど疲れ切っているんだ。

でも、彼女は悪気はない、子連れで疲れ切っているんだ。私も数年前はそうだった。
私の肩でよかったらどうぞ!
と、朝のバス事件があったからこそ、こんな風に思えたんだと思えた瞬間でした。


たかがマラソンの応援!

されど、どんなことも一生懸命に楽しんでやり切る!
すると、そこには学びがあり、出会いがあり、ドラマがあります!


ご縁あって、神戸マラソンの応援に来られたことが、とってもとっても嬉しかったです。

そして、私を快く歓迎し、ご一緒してくださったお友達方、本当にありがとうございました。
とっても素敵なお仲間にお会いできました☆彡

「ドラマチックな神戸マラソン」♪

「ドラマチックな神戸マラソン」♪


次は、ランナーとして走ったときに、この学びを実行していきたいです(^_-)-☆

たかが、マラソン! されどマラソン!  だから癖になるんだなぁ~(^_-)-☆


そして、京都マラソンでもボランティアなのに、道路を走った野望を(笑)
神戸マラソンでも達成!!

私も、神戸が走れた!!





https://youtu.be/SBlPqAZX3n4




https://youtu.be/95S_blFk5Co






同じカテゴリー(神戸マラソン)の記事画像
神戸マラソン2018!愛のタンバリン♪
神戸マラソン2018エキスポ編♪
神戸マラソン2017~ファンランの写真集♪~
神戸マラソン2017♪ゴールでの奇跡のお揃いペイント♪
全力で楽しんだ「神戸マラソン2017」♪
神戸マラソン2017エキスポ☆彡
同じカテゴリー(神戸マラソン)の記事
 神戸マラソン2018!愛のタンバリン♪ (2018-11-19 11:13)
 神戸マラソン2018エキスポ編♪ (2018-11-18 00:02)
 神戸マラソン2017~ファンランの写真集♪~ (2017-11-28 18:33)
 神戸マラソン2017♪ゴールでの奇跡のお揃いペイント♪ (2017-11-20 17:47)
 神戸マラソン2017♪ 感動の動画編♪ (2017-11-20 10:19)
 全力で楽しんだ「神戸マラソン2017」♪ (2017-11-19 21:57)

Posted by パソコバ  at 17:51 │Comments(2)神戸マラソン

この記事へのコメント
わー、書いてくれてる。ありがとうございます。
Posted by ピコ太郎@神戸マラソン at 2016年11月25日 15:44
ピコ太郎@神戸マラソン さんへ

神戸マラソンでは、素敵な出会いをありがとうございました。
レース中ずっと探していたのですが、見つけられずです・・

京都マラソンで、再会できますように(^_-)-☆
Posted by パソコバパソコバ at 2016年11月26日 09:45
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。